2017年5月6日放送のメレンゲの気持ちで、寺島進53歳が17歳年下の奥さんとの出会い、初デートでのサプライズ、しっかり者の奥さん、育児の手伝い、子供(娘)の運動会、父親になって変わったこと(銀座で遊ばなくなった、ジェットスキーの免許を取得、ディズニー映画が大好きに)などについて語った。
30年前の知人の結婚式での殺陣の映像、家族で乗った水上バイクの写真を公開した。

スポンサーリンク





前回のメレンゲの気持ちは8年前。
そのときは独身だったが、出演後すぐ結婚した。

奥さんは17歳年下。
久本雅美はレディジェーンという下北沢の有名なバーでばったり会っている。家族で来ていた。

ファン層が広がる


2016年は朝、『動物戦隊 ジュウオウジャー』に出ていた。
動物の着ぐるみを着た。娘孝行をしようと。


夜は大河ドラマ『真田丸』で出浦晶相役。
三谷幸喜に素晴らしい本を書いてもらって恵まれた。


奥さんはドラマとか観て結構ズバッと言う。「ちょっとクサイね」

17歳年下の奥さんとの出会い


知人の紹介で会った瞬間に一目惚れした。真面目でかたかったが連絡先は教えてもらった。猛プッシュしたが、なかなかOKが出なかった。

初デートでサプライズ


やっとデートにOKしてくれるようになった。初デート。彼女は北千住の方から来る。東武線の終点が浅草駅。浅草駅の改札口で待ち合わせた。

「一番前の車両乗っときなよ そうしたら改札口が近いから」

終点なのでスローモーションで止まる。そのときホームにいて目が合った。ポイントアップした。

昨日奥さんに「あの頃俺に決めてたのか?」と聞いたら「全然」

奥さんがしっかりしている


主導権は寺島進にはない。行儀が悪いので、いつも指導を受ける。

街を歩いていると声をかけてくれる人がいるが、無愛想だと言われる。

「相手の人はすごく不愉快な思いをするよ」「ありがとうと真摯に笑顔で言いなさい それくらいできるでしょ」「芸能界そんなに偉いのか」

これからは品良くしようかなと。

年の差は感じない。大きい子供(自分)が1人いる感じ。精神年齢が7歳。娘さんとどっこいどっこいのことをしている。

6歳の娘に甘える。膝枕とかする。

育児を手伝う


6歳の娘と2歳の息子のパパ。おしめを替えたりお風呂に入れたりする。弁当は奥さんが作るが、奥さんが体調が悪いときに1回だけ作ったことがある。

学校行事にも参加する。幼稚園の時、年少・年中・年長と運動会に全部参加した。ジュウオウジャーをやっていたのでヒーローになっていた。

娘さんは、ませていて、やんちゃで、アクションスターになりたいと言っている。

家で木刀で素振りをしていると「私にも持たせて」と言って素振りをする。
足の位置を教えたりする。

ちょっとした役者よりセンスが良いと思っている。

30年前の殺陣の映像を公開した。
知人の結婚式で。

30年前の寺島進の殺陣


寺島進がパパになって変わったこと


・銀座で遊ばなくなった


チャラチャラしなくなった。銀座に飲みに行っても接待みたいな感じ。

独身時代は銀座で豪遊

カードの審査に受かって40歳過ぎた頃。明細が実家に行く。
母親が見た。合計100万超えていた。叱られた。銀座、祇園、錦糸町。

6歳の娘が酒の相手

家で晩酌するのがホッとする。顔はささない、キス・おさわり・抱っこOK。

「もういっぱい焼酎作ってくれ」

「しょうがないね」

水をちょっとしか入れない。ちょっと濃いなと思うが作ってくれるとうれしい。「おいしい?」と確認される。

ボトルがすぐ空いてしまう。「もう一本入りま~す」

・ジェットスキーの免許を取得


40代後半で沖縄で仕事があってジェットスキーに乗せてもらった。特殊小型船舶免許が必要。後ろに乗るのは格好悪いと思って。

50歳になったときに河口湖に一般の人に混じって2泊3日で合宿免許。

実技のときの試験会場では、何年もやっている若いのがガンガン乗っていたが、寺島進が実技の本番のときシーンとなった。

戻ってくると「絶対大丈夫ですよ」「合格ですよ」と若者に言われた。

家族で乗った水上バイクの写真

家族で水上バイク

・ディズニー映画が大好きに


子どもが『モアナと伝説の海』とか。


シンデレラ』の実写版とか最高だった。


ディズニー映画もディズニーチャンネルもよくできている。
一生独身を通していたらディズニー映画と出会わなかった。

娘がチャンネル権があるので、だいたいディズニーチャンネル。

映画が来ると家族で観に行く。初めは「しょうがねえな」と思って行ったが、始まると観てしまって、うるっときた。

子どもの前では涙を見せたくないので、エンドロールのとき暗いのでごまかしながら拭いて「まあまあ良かったんじゃないか」とか。


スポンサーリンク