2017年6月17日放送のメレンゲの気持ちで、石原良純55歳が趣味のダム、アウトドアのテント、父 石原慎太郎と孫の2人旅のエピソード、家ではいい人、健康管理にこだわる理由などについて語り、お気に入りの健康食品を紹介。
自宅の宝物として、ワイングラス棚のバカラやベネチアングラスなどを紹介した。

スポンサーリンク





2児の父親。息子中学2年、娘小学6年。
子供のことを言うと後で糾弾されるので言わない。

趣味が多すぎる


意味がない。浪費しているみたい。

石原良純の趣味


城、ダム、鉄道、時刻表、マラソン、テニス、スキー、ヨット、家庭菜園、アウトドア

鉄道をみんな鉄ちゃんとか一時バカにしていたが、今鉄道がきている。
城も歴史がきている。次はダム

富山 黒部ダム(黒四ダム)、神奈川 宮ヶ瀬ダム…

アウトドアはお父さんの役目みたいなところがあるのでそれ半分と、去年熊本地震があって、それを見ると、ちゃんとできたらいい、テントくらい張れた方がいいのかなと思って。

去年キャンプセットを買ったが、暇がないので1年間置きっぱなし。

梅雨になったらできない。夏になると蚊が出る。秋は短い。冬は寒い。花粉がなくなった5月だけ。

今年テントを張った。家の庭に。みんな付き合ってくれない。娘だけが手伝ってくれた。

テントを張って寝袋に入った。
寝袋だと寝にくいので布団を持ってきた。ゆっくり寝たいから。

缶ビールとさきいかを持ってランタンをつけ、さきいかを食った。
歯を磨こうと思って玄関を開けようとしたら鍵がかかっていた。

父 石原慎太郎が孫と2人旅


息子に鉄道の面白さを教えてしまった。

五能線(秋田から青森の日本海側を走る人気のローカル線)の話になって石原慎太郎と息子が盛り上がって「じゃあ行くか」

石原良純が段取りをして「仲良く行ってこいよ」と送り出したが、中1の息子と石原慎太郎では話が合わなくて大変だったよう。

一番景色のいいところをトイレの前で待っている間に通り過ぎちゃったとか、止まって降りる駅があるが、石原慎太郎は「俺は太平洋の方が好きだ」

着いてホテルの人が迎えに来て、少し早かったので「どこか回りますか?」「犬のわさおがこの辺にいます」と言われたが「俺は犬は関係ねぇ興味ない」

温泉も面倒くさいから行かない、「料理が多い」と文句を言ったり。カラオケに行くと「お前は下手だ」

石原慎太郎も息子も石原良純が必要なことがわかったようだ。

豪華列車なら文句言わないだろうと思って、応募だけした。
四季島とか。倍率は70倍とか80倍。

3泊4日コース四季島スイート(メゾネットタイプ)縄文コース(2名様1室)94万円~

自宅の宝物公開


自慢のワイングラス棚。バカラが中心。金色の彫金がついているベネチアングラス、バカラのワインクーラーなど300個くらいある。

石原良純の自宅のワイングラス棚

焼酎のお湯割り用グラスが気に入っている。

客が来ると落として驚かせるプラスチック製のグラスも。

高級グラスをコレクション


バカラ中心に30年くらい集めている。

ベネチアングラスはモーゼル社という1857年創業の世界的に有名なアートガラスメーカーの1911年の有名なシリーズのレプリカ。

エリザベス女王の戴冠式の引き出物と同じもの。108客ある。正価で買うと1個4万円くらい。ちょこちょこ買った。

プラスチック製のは3000円。

グラスに金がかかっているが、奥さんも使って楽しくお酒を飲んでいる。

奥さんとラブラブ?


石原良純がどんどんいい人になりつつある。結婚して15年。

家事も手伝う。朝起きたら窓を開けて、新聞をとってきて、洗濯物を干しに行く。

ゴミは水曜日に8時までにプラごみ、ビン・缶・ペットボトルを出す。

健康管理にこだわる


運動すると均衡が取れる。撮影当日もスタジオまで走ってきた。

レーダー画像を見て「それるな」と思ったが降ってきて雨宿りしていたら、入ってきた人がジロジロ見て「こいつしくじってやんの」みたいな。

酒も好きだが必ず週に1回酒を抜くというのを10年近くやっている。

健康番組で「あなたは52歳で死ぬ」と言われた。
祖父が52歳で死んでいる。叔父の石原裕次郎も52歳で死んでいる。

どうしたらいいか聞いたら、エリンギを食えと言われた。

毎週1回大阪に泊まる日があるのでジムに行く。

最近、飯を食わないで食べているものがある。

お気に入りの健康食品


ささみプロテインバー。味はプレーン、ブラックペッパー、レモンの3種類。


味は美味しいが、見た目も味も魚肉ソーセージ。


スポンサーリンク




 カテゴリ